Category Archive: 登記簿謄本の種類④    不動産 現在事項証明書

意外と知らない登記簿謄本の種類④ (担当司法書士 posted on 6月 12th, 2012 )

不当産登記簿謄本の種類②

②登記事項現在事項証明書

 登記簿に記載のある事項のうち、請求時に効力があるもののみが記載されてきます。

以前の所有者や抹消された抵当権などは効力がないので記載されません。通常の一戸建ての登記簿でしたらそれほど権利関係が複雑ではないのであえてこの現在事項証明にする必要はないとおもいます。

ですが、中には過去の権利関係が複雑すぎて一見するだけではわからないものもあります。

登記の専門家の司法書士がみて「なんじゃこれ?」とおもうものはみなれない人にとってはちんぷんかんぷんです。

例えば敷地権化されていないマンションの敷地にはそのマンションの部屋数分の権利者がいて、その所有者がそれぞれ抵当権を設定して、抹消して、一部贈与して、しかも2568分の15が持分だったりすると見にくいだけでなく全員の持分を全部足してはたして1になるのかもわかりません。

大きな土地で多くの金融機関と取引がある場合には金融機関の合併、会社分割、差し押さえ、順位変更等々があることもあります。

こんなとき既に効力のあるもの、すなわち「今の権利者は誰?」「抵当権のどの記載が有効なの?」といった悩みがなくなり大変見やすくなります。

それから、登記簿謄本は枚数が50枚を越えると50枚ごとに手数料が100円加算されてしまいますので、取得目的にもよりますがあまりにも多くなりそうなときはこの現在事項証明を利用するのもひとつです。

ちなみに、通常の家屋の登記簿謄本は大体平均すると履歴事項全部証明書でも2枚~多くて5枚程度でおさまっていますのであえてこの現在事項証明を請求する必要は感じません。

コンピューター化前までは当然こんな芸当はできませんでしたので「できる」という意味では凄いですね。

 そうそうマンションで思い出しましたが、コンピューター化前でもできることもありました。

マンションの敷地の登記簿謄本を全部請求したら、先ほど触れたように大変なことになります。

そこで、所有者「A」さん部分を請求すればAさんに関する記載のある部分(ページ)だけをコピーして抄本(一部抜粋ですね)にしてくれていましたね。

top