Category Archive: 登記簿謄本の種類①    登記簿の種類

意外と知らない登記簿謄本の種類① (担当司法書士 posted on 6月 5th, 2012 )

 意外と知らない登記簿謄本の種類①

すごく基礎的なことかもしれませんが、登記簿謄本には色々と種類がありますのでご紹介します。

大きく分けると①不動産登記簿の謄本②会社・法人登記簿の謄本です。

1.不動産登記簿は、文字通り「不動の資産」の土地と建物の登記簿となります。

次に「会社・法人」登記簿とひとくくりにしていますが、これも多くの種類の登記簿を含んでいます。どのような種類があるのかみていきます。

2.会社登記簿の種類はつぎのとおりです。

①株式会社②有限会社③合同会社

④合資会社⑤合名会社⑥外国会社です。

 

3.法人登記簿の種類には次のようなものがあります。

公益社団法人・公益財団法人・一般社団法人・一般財団法人

NPO法人・医療法人・宗教法人・特別目的法人・学校法人

管理組合法人・社会福祉法人などです。

法人の種別は他にも多くありますので全部のご紹介は無意味かと。

 

そのほかにつぎのような登記簿もあります。

4.立木登記簿

5.債権譲渡登記簿・動産譲渡登記簿

6.成年後見登記簿。こちらは重要なプライバシーに関する事項が記載されていますので簡単には取得できません。

それぞれの登記簿の存在意味や記載内容については後日機会があれば触れたいとおもいます。

top