Monthly Archives: 4月 2012

登記名義人は本当に所有者ですか? (担当司法書士 posted on 4月 16th, 2012 )

 登記簿謄本取得センター 藤井です。
当センターで取得サービスをご提供している登記簿謄本ですが、

登記簿上に記載されている所有者が、本当の所有者以外の人

である場合があります。このような場合、法律や税務、手続きの

あらゆることに問題が起こってきます。
よくあるのが、購入資金を出していない人の登記名義になっているケースです。

登記名義を直そうとすると、決して安くない登録免許税はもちろんのこと、

不動産取得税も必要となることがあります。そのままにしていれば

贈与税がかかるとのことから、相談にこられるケースがほとんどです。

 名義人が手続きに協力してくれる場合はまだ良いのですが、登記名義を

持っている人が自分のものだと誤信してしまい、手続きに

応じないことがあります。

真の所有者に落ち度がある場合がほとんどでしょうから、第三者へ

登記名義を移転されたり抵当権をつけられたら大変です。

名義だけでなく所有権も失ってしまいかねません。

また、手続きに協力してくれない以上、訴訟手続にならざるを得ません。

 このように、登記名義を間違えると簡単には変更できませんので

ご注意を。

top